Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃、写真整理

町(集落?)全体がいい雰囲気でした。

画像 092 (800x588)

画像 072 (800x533)

画像 089 (800x541)

やさしさを感じます。
スポンサーサイト

Deschutes River 10月12日~

残り一気に書きますね。(長いけど)

4日ガイドのうち、3日間一緒だったのが彼
画像 074 (800x533)
Travis(トラちゃん 後にブル)

なんでブルかというと、豪快でブルドーザーの様な男...ってことでひそかにブルと呼んでいました(爆
スペイキャストの名手でもあり、ランチの後の休憩にはキャロンの20ン万するとか?競技ロッドをブンブンと巧みに操り(始めると止まらない!)、アメリカ国内の大会では今年2位だったとかで、まあ頼もしいガイドだった訳なんですが。

スティールヘッドの合わせはコツがある様で、
キャストし終わったらリールからラインを少し出してループを作っておき(余分にラインを引き出しておく、といった感じ)魚がズルズルズル...とラインを持っていくまで我慢して、その余分に出しておいたラインが出きったら思いっきり合わせる、というものです。
これを毎朝ブルに指導されていました。
が、それを試すことなく1日目は終了したのですね...

12日

追記を表示

Deschutes River 10月10日~

10月10日

成田を9人(ドリーバーデン下さんチーム&杉隆さんチーム)で出発し、飛行機に乗ること8時間、現地時間朝8時にポートランドへ到着。
画像 062 (800x533)

現地スタッフの空港ピックアップにていざデシューツへ。
途中食料とライセンス(7日で約43$)を購入し、
お昼頃にはモウピンのDeschutesanglerに到着。フライの傾向リサーチとガイドとの翌日からの時間打ち合わせをしてから宿泊先のインペリアルリバーロッジヘ。
画像 063 (800x533)

宿に到着し、14時頃。
荷物をばらして、ロッドを繋いで、目の前でかるーく釣りのフリ(笑
メンバーの数人は上流のポイントで釣り。
帰ってきたら「スティール釣れたよ~!今年は魚いっぱいいるかも!」と嬉しい報告が。
明日からが楽しみだー^^

11日

朝5時にガイドのピックアップで出発。
ガイド1人に3人の組み合わせでいざ川へ!(ガイド4日間のうち上流へ行ったのは2日目だけでした)
ボートランチから船に乗り込み真っ暗の中下っていきます。
朝日が昇り釣りできるのはだいたい6時半過ぎ、とりあえず早く行ってポイントで明るくなるまで待って、そこからスタートでした。
釣りを開始してすぐに一番上流に入っていたメンバーがスティールをキャッチ!
えー!?まじ???
結構釣れちゃうかも...という私の甘い考えは通用しませんでした...
結局その日私は一度もアタリもなにも無し。釣りは18時半迄、宿に到着して19時半過ぎ。
他のメンバーに聞くと一人で9回ものストライク?5匹キャッチ??そんなに魚いるの???
我々の船の釣果からは想像もつかないことがぞくぞくと。
...明日、明日に期待しよう!

Deschutes River

画像 093 (800x450)

7泊8日のアメリカ、デシューツリバーから無事帰ってきました。

なんとかスティールヘッドにも会うことが出来、おまけに風邪のお土産ももらって?帰ってきました(インフルエンザではないと思います!)

詳細はぼちぼち綴って行きたいと思います。
今日は眠いので、又明日~...

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking


モンゴルタイメンFF珍道中その3

ハイハイ、続きです。

7時半、不安を胸に出発です。
到着しましたがやはり荷物は届いて無く、連絡も無し...

ヘリに乗ってしまえば衛星電話でしか連絡は取れなくなる、現地までは車で19時間(だったと思う)、諦めかけたその時、

どうやらみつかった、らしい...

人気ブログランキング見てみる?
FC2 Blog Ranking

追記を表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。